新求道期間の道

教皇ヨハネ・パウロ二世聖フランチェス力・ロマナ小教区ご訪問
1981年11月28日 ローマ(*)


 小教区で働いている大人たちの全グループの代表者が広間に集まった:聖フランシスコ会・第三会・祈祷の使徒会・聖ビンセンシオ会・社会福祉グループと新求道期間のグループ。彼らすべてに教皇様は短い霊的講話をされた。 



それぞれのカリスマは



唯一の聖霊に生かされています。

 “種々な霊的グループはそれぞれのカリスマが与えられています。聖フランシスコ会のカリスマ、第三会のカリスマ、愛徳グループにヴィンセンシオの力リスマ、それから新求道期間のカリスマ。聖パウロは、これらすべての力リスマが霊的な体を形造っていると教えました。異なる力リスマは霊的身体の一部分であり、各々のカリスマの特徴は聖霊から受けます。カリスマは物質的身体の細胞のようなものであって、唯一の聖霊から同じ生命に生かされるのです。私は聖パウロの言葉があなた方を教え、この小教区内でのあなた方の最終目標になり、あなた方に平和と霊的進歩の源泉となり得るように希望しております。”



  (*)オッセルバトーレ・ロマノ紙 1981年11月30日・12月1日