新求道期間の道

教皇ヨハネ・パウロ二世中央アメリカ新求道共同体の兄弟のグループ
に対する一般謁見1980年10月16日 ローマ
(*)


 教皇ヨハネ・パウロ二世は、水曜日のー般謁見において、信者達への定例演説の後で、そこに出席している各グループに挨拶をなさいました。家庭についてのシノド スに関する来たるべき国際会議に出席するために、ローマに来ていた、ラテン・アメリカからの新求道共同体運動のメンバーに対して、パパ様は次のように言われました。  




組織立った、確固とした段階を追ったカテケシス

 この謁見の中に、中央アメリカの幾つかの国から、新求道共同体の運動に属している司祭、夫婦、およびカテキスタのグループが来ています。
 教会が重視している課題、すなわち組織だった確固とした、段階を追ったカテケジスによって、教会共同体の信仰の建て直しに献身しているあなた方、兄弟、姉妹たちに心から挨拶いたします。非常に必要なこの仕事にあなた方自身を惜しみなく奉献して下さい。どうぞ、キリストのメッセージの個人的体験に、また、他の人々に証しをすることにも忠実でありなさい。私は、牧者と緊密なー致を保とうとするあなた方の意向、また、その働き、更にあなた方一人一人、その家族、あなた方の属する教会の共同体を祝福します。



 (*)  オッセルバトーレ・ロマノ紙 1980年10月16日