新求道期間の道
典礼省の注釈


 典礼省が新求道共同体について出した決定を載せます。この決定は典礼省の公報“ノティティエ”(正規の刊行誌.1974.7月8月,95・96号のP.229)に載っています。それは、新求道期間の道の典礼について、典礼省の責任者と打合せが数回なされ、1974年4月24日のー般謁見において、パウロ六世が演説され、(同誌 P.228に記載)、なお、また1974年5月8日にも新求道共同体の主任司祭、および責任者たちに対して、パウロ六世が演説をなさった後のことです。 

   

 0mnes refomationes in Ecclesia novos gignerunt inceptus novasque promoverunt instituta,quae optata reformationis ad rem deduxerunt.

 lta evenit post concilium Tridentinum;nec aliter nunc fieri poterat.lnstauratio liturgica profunde incidit in vitam Ecclesiae.Spiritualitas liturgica novos germinare flores sanctitatis et gratiae necesse est, nec non intensioris apostolatus catholici et actionis pastoralis.

 Praeclarum exemplar huius renovationis invenitur in <<Communitatibus neo-catechumenalibus>>,quae ortum habuerunt Matriti, anno l962, opera quorumdam iuvenum laicorum, Excmo. Pastore matritensi, Casimiro Morcillo, permittente, animante et benedicente.<<Communitates>> eo tendunt ut in paroeciis signum existent Ecclesiae missionariae, viamque conantur aperire evangelizationi eorum, qui vitam christianam paese dereliquerunt. 

 Ad hunc finem Sodales <<Communitatum>> quaerunt vitam liturgicam intensius vivere, incipiendo a nova catechesi et praeparatione <<cathecumenali>>, nempe percurrendo, spirituali itinere, omnes illas phases quae in primaeva Ecclesia catechumeni percurrebant antequam sacramentum baptismi acciperent. Cum hic agatur non de baptizandis, sed de baptizatis, catechesis eadem est, sed ritus liturgici aptantur situationi christianorum baptizatorum iuxta suggestiones iam datas a Congregatione pro Culto Divino.(1)

 <<Communitates>> in paroeciis eriguntur, sub moderamine parochi. Sodales semel vel bis in hebdomada coadunantur ad audiendum verbum Dei, ad colloquia spirituali agenda, ad Eucharistiam participandam.


   次に、私たちの翻訳を載せます。 

 

 教会に行なわれたすべての改革が、その改革の意図を具体化させるため、新しい原則を与え、また新しい規範を生み出した。
 トレント公会議の後で、そうであったように、現在もそうならざるを得ません。典礼刷新は教会の生命に深い影響をおよぼします。霊的活動、熱烈なキリスト教使徒職、恩恵と成聖の新しい花を咲かせる典礼的霊性の必要さがあります。


遠ざかっている人々のため福音宣教の道を小教区に開く。 

 マドリッド最高の司牧者であった大司教カシミロ・モルシリオの祝福と励ましと許可のもとに1962年マドリッドにおいて、ある若い信徒のイニシアティヴによって生まれた“新求道共同体”では、この刷新のひとつの素晴しい見本が現われています。共同体の目的は小教区の中に宣教的教会のしるしを目で見せることにあります。その目的を果たすために、キリスト教の生命から殆んど離れ去った人たちのために福音宣教への道を開くように努力しています。 


求新道期間の段階を歩みながら。 
 

 この目的を達するために、“共同体”のメンバーは初代教会で求道者が洗礼の秘跡を受ける前のいろいろの段階を通して、霊的な道を歩んだと同じその道を、新しいカテケジスと“求道期間”の準備から始めて、キリスト教の典礼の生命を懸命に生きることを求めています。未洗者に対するのではなく、洗礼を受けた人たちに対してのことですから、カテケシスは同じですが、典礼の儀式は洗礼を受けたキリスト者に対して典礼省から出された指導原理に従わねばなりません。(1) 


神のみことば相互愛、
感謝の祭儀 

 小教区の中で、主任司祭のもとに共同体が生まれます。そのメンバーは毎週一回か二回、神のみことばを聞き、霊的な分かち合いをするため、感謝の祭儀に参加するために集まります。 


 (1) ORDO INITIATIONIS CHRISTIANAE ADULTORUM, 4章,  P.115-116; “ORDO INIT. CHRIST. ADULTORUM” 4章についての考察:Notitiae, 1973年9月, P.274-282