新求道共同体のグループの中で祝われている

秘蹟について典礼秘蹟省からの通達


   1998年12月19日 


   典礼秘蹟省は新求道共同体と言われているグループの中で祝われている秘蹟について、司教たちや一般信徒からたびたび質問を受けてきました。それについて偏見や介入といった目的を持たずに当省は次のように宣言します。 


   1.  このグループが行っている独自な典礼祭儀は1967年5月25日に発行された訓令「ユカリスティクム ミステリウム(Eucharisticum Mysterium)27と30項」、そして1969年5月15日に発行された「アクツイオ パストラリス(Actio Pastoraris)」の規定に従っています。


   2.  当省は「アクツィオ パストラリス(Actio Pastoraris)」第6から11項に規定に従って新求道共同体のグループが両形態の様式に従って、常に種無しパンによる御聖体と平和の挨拶や共同祈願を一時的期間に試用することを認めています。  


   3.  地区裁地権者には、このような典礼祭儀が行われる場所と時間についてよく知らされているべきであり、地区裁地権者の許可なしに祭儀が行われてはならない。   

   この通達の機会に、当省は上記に引用した訓令でもって、特に次のことを皆さんにお願いします。  


   「このような典礼祭儀の霊的、指導的価値を深めようと望んでいる司牧者たちに強く勧めます。このように典礼祭儀が祝われる目的は、参加者がキリストの神秘についてよく理解し、典礼祭儀の価値を高め、彼らが教会共同体の中に溶け込み、兄弟姉妹に愛徳の使徒的実践ができるようになるためである。」(アクツィオ パストラリス)。


              1988年12月19日、教皇庁典礼秘蹟省より。 


       枢機卿 エドワルド・マルチネス・ソマロ
        長官


                                                                                          ヴィルジリオ・ノエ 秘書官